Ordinary coterie writing

ただの文字書きによるひとりごとのくりかえし

Adobeから二重請求されてたけど全額返金になった経緯をまとめた

 どうもこんにちは。7月に入って半ばとなり、気づいたら梅雨が明け始めておりますがいかがお過ごしでしょうか。私は仕事が繁忙期である上に体調的に「おっ!」となったことが起きたので忙しい中実験台ライフ*1を送っております。

 とまぁ前置きはそろそろ置いておいて。本来は健康管理シリーズ的な内容を送ろうと思ったのですが、タイトル通りAdobeから二重請求されてたけど全額返金になった」という大変珍しいケースにぶち当たっていました。普段なら返金がほぼないという話を聞いていたのですが、今回なんと全額返金になったんですよ。そこで今回どうしてそうなったのか、経緯をまとめていけたらと思います。

1、二重請求に気づいたキッカケ

 まずは気付いたきっかけですが、こちらはシンプルに毎月のクレジット明細をチェックしていたら「あれ、同じ明細が2つあるぞ」になったことです。本来ならここで動けば良かったのですが、以前近しいケースがあった際に2つ購入していた、というケースがあったので「ちょっと様子見よう」という判断を下しました。そうしようと思えた要因は2つ。

  • Acrobatプラン1980円×2つだったのでそこまでのダメージがなかった
  • 違約金を足したとしても「まぁ、そんなに……」となる予算感*2だった

 以上のことからもう1ヶ月ほど様子見る方向にしたんですね。そうして今月になり、改めてクレジット代をチェックしたところ、また2つ明細があることを確認。問い合わせようと思ったのですが、問い合わせの時間が平日の9:00〜18:00とかなり限られた時間。加えて今の仕事の状況的に仕事をしながらだと非常に難しい。したがって平日休みの日に対応をすることにしました。

2、問い合わせ前にあらかじめやったこと

 平日休みまでそれなりに日があったので、問い合わせ前にあらかじめできることはないかなと思っていました。いろいろとぼんやりと考えた末に、「あ、これできそうだ」と思ったことが幾つか浮かびました。主にやったことは下記3点です。

  1. アカウントのメールアドレスのチェック
    →あらかじめ登録したメールアドレスと文字列がランダムのメールアドレス
  2. ログイン方法の特定
    →メールアドレスによるログインとApple IDによるログイン
  3. 支払い方法の特定
    →両方ともにPayPal

 以上を元に自分なりに原因の特定を始めました。すると、あらかじめ登録していたメールアドレスとAppleIDのメールアドレスが見事に両方とも同じメールアドレス。そうしてそこからさらにApple IDを使ってのログイン方法を再度チェック。そうしたら、Apple IDでのログインの際メールアドレスを非公開にしていたんですね。私はこれを見て「もしかさなくとも、Apple IDメルアドのこのログイン方法のせいでアカウントが2つ爆誕してしまったのでは?」となりました。以上の憶測、というか見えたことをまとめ、お問い合わせ当日に挑みました。

3、実際の問い合わせ

 というわけで実際Appleのお問い合わせを平日の午前中、友人と遊びに行く際の移動中にやりました。流れとしては下記の流れでした。

  1. 上記でまとめたことを伝える
  2. 3段階から4段階くらいでチェックをしてから状況把握
  3. 2で特定したことが全てその通りだったとわかったのでアカウントの方向性を決める
  4. 最終対処を行う
  5. Apple側から「今回のケースは全額返金対象なので返金処理します」といただく

 ざっとこのような流れでした。一番時間がかかったのが2番目の段階でした。確かメールアドレスや支払い方法などをかなり細かく行った印象です。個人的には「わ、めっちゃ丁寧だ」となるくらい凄く丁寧に対応して下さいました。

 そうして2で特定したことが全てその通りだったことがわかったので、Apple側から「どっち残す?」という質問をいただきました。電車の中で「どうしよっかなー!」となった結果、元からのアカウントを削除してApple IDでのログインするアカウントを残すことに。そうして最後の段階になった際に「今回のケースは返金対象なので返金するための処理をします」と言われ「えっそうなの?」となりつつ処理を実行。私の場合はPayPal経由なので1ヶ月くらいかかるので待っているところ、という感じです。

 以上の流れの時間は大体1時間から1時間半くらいだったように思います。改めて情報をまとめておいて良かったなと思いましたし、Appleカスタマーサービスの方が素晴らしかったなと。ネット上だといろいろと書かれておりますが、個人的にはちゃんと情報をまとめた上で上記のように進めていけば良いんじゃないかな、と。

4、最後に

 と言うことで今回はAdobeから二重請求されてたけど全額返金になった経緯を書かせていただきました。まさかまたレアケースに当たるとはなぁ、となったのですが、個人手にはこういうケースだったらこうなるよ、という指標となれば幸いです。

 そして毎度恒例ですが、こちらを読んで「ここはどうしたらいいの?」という点がございましたら、各種SNS、もしくはメールフォームからご連絡して頂けたらブログで回答させて頂きます。

多分一番呟いているThreads

www.threads.net

2週間に1回更新メルマガ(PFC管理や体感レベルの変化をお送りしています)

5ashuarfn.substack.com

記録やたまに呟くMastodon

fedibird.com

ゆるーく更新のお知らせや飯テロしているX (旧Twitter)

twitter.com

ただひたすら美味しいものを投稿しているBluesky

bsky.app

メールフォーム

docs.google.com

ちゃっかりやっている電子書籍の通販

pictspace.net

 ではでは今回はこの辺で。次回もゆるっと更新できたらと思います。また次回のエントリーで!

*1:多分こちらは次回のメルマガに書く予定です。

*2:正直ぼったくりエステの脱毛の解約金より遥かにマシだなとなったという背景もあります。

2024年6月終わったので創作方面の反省をしてみた

 こんにちは、皆様いかがお過ごしでしょうか。梅雨が始まったかと思いきや酷暑、そしてとんでもない雷雨という天候ですがいかがお過ごしでしょうか。私は鬼門の時期ことGWから梅雨に突入したことにともない、色々出他のを観察しているうちに「あ、これだ」という改善策が見えつつあります。本当に毎日の記録は大事だなと改めて思う、そんな1ヶ月でした。

 そして今回のエントリーですが、タイトル通り2024年6月が無事(?)に終わったので、創作や日々の生活における反省を記せたらと思います。例の如く良かった点と悪かった点を挙げ、これからの課題を記せたらと思います。それでは、まずは良かった点についてからいってみましょう。

今月の良かった点

 ということでまずは今月の良かった点についてです。良かったと思ったことは下記3点です。

1、体調を崩してもすぐ見直そうとなれた
2、素直に休めるようになった
3、お金の管理の見直しができた

 過去の私からするとおお、となるものが挙がっていますね。一体どういうことなのかお話ししたいと思います。

1、体調を崩してもすぐ見直そうとなれた

 まず1点目は体調を崩してもすぐ見直そうとなれたことです。こちらは先月の悪かった点などで挙げたトピックの進捗といいますか、「あ、やっぱりそれか」となったことでした。

 詳細は悪かった点で後述しますが、6月もホルモンバランスの揺らぎのせいでまたしても体調を崩してしまったんですね。以前だったらここでクサクサとしてしまいまた落ち込んでしまっていましたが、ここで「あ、見直さないと」となれていたんですね。どうしてこうなれたのかと振り返ったところ、やはりありとあらゆることを記録していたことが大きかったんじゃないかなとなりました。

 主に見直したのは服薬の記録や食事、睡眠、女性系の体調進捗、そして普段書いている日記のエントリーでした。こちらを見ていくうちに「え、これじゃない……?」となれたんですよね。私の場合は記録があれば怖いものはないとなれたので、こちらは今後続けようとなりました。

2、素直に休めるようになった

 2点目は素直に休めるようになったことです。えっこれ今更? と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私にとってはかなり大きいトピックだったのでこちらも挙げさせていただきました。

 こちらは本当に長い間ずーっと人生の課題として「疲れていても無理して動き続けてしまう」「動けるならまだ休まなくても平気だろう」と思ってしまう悪癖がありました。ですが、この考えのせいで何度も何度も体を壊していました。なのでこれはどうしようとなっていたとき、現職の上司が「いや、ほんと休まなきゃダメだから!」と言ってくれたんですね。

 この言葉をきっかけに先月末から今月頭まで合法的に4連休をいただき、前2日間は下記エントリーのこちらに赴き、後者はさっと出かけてから休めるという感じに過ごしていました。

sohoxxxx.hatenadiary.jp

 そうしたらかなり心身すっきりしたといいますか、リフレッシュできたなってなったんですよね。なので「あ、こう休んでも良いんだ」となれましたし、これからは素直に休もうとなりました。

3、お金の管理の見直しができた

 3点目はお金の管理の見直しができたことです。こちらはずーっとできなかったことに対してやっていかないとな、となったことです。

 実は転職をきっかけに同人誌の発行などを見直していくうちに「あれ、これお金を見直しとかできるんじゃなかろうか」となったんですね。そこで実は4月の終わりからMoney Fowardのお金の相談を通してファイナンシャルプランナーの方に相談をスタート。今もずっと続けています。

 そしてこちらを始めた結果、こうすれば貯金ができるんだとなったり、これをこうすれば良いんだとなったりできるんだと良い気づきを得られました。そして何よりも今の自分ってすごくリスキーな環境にいたんだと気づかせてくれたファイナンシャルプランナーさんの存在が本当にありがたいなとなっています。こちらもまた何かしらあったら話題にしようと思います。

今月の悪かった点

 次は今回の原稿で悪かった点についてです。これはちょっと直さないといけないかもしれない、と思ったのは下記2点です。

1、貧血が再発してしまった
2、振り返ってみたらあまり原稿ができていなかった

 個人的に鬼門の時期らしいものが見事に挙がりました。ということでこちらをしっかりと見直していきたいと思います。

1、貧血が再発してしまった

 まず1点目は貧血が再発してしまったことです。こちらですが、先月も挙げていた内容から若干の進捗があったことに加えて鉄分の大切さの改めて学んだトピックになります。

 実は6月もやっぱりとある一定の期間イライラがとんでもないことになったんですね。流石に2ヶ月連続でこうなってしまったので絶対に何かあるぞ、と思い、ありとあらゆる記録を見直しながらいろいろと調べました。すると下記のことがわかったんですね。

①苛立ってしまっていた期間が排卵日前後だった
②①の期間に顔色が悪くなるくらいふらっとしていた
③鉄剤をやめてから2〜3ヶ月経過している

 上記の状態から、「もしかしてこれって貧血じゃないか……?」となり、症状をネットでサクッと調べてみたら症状が見事にビンゴ。これはちょっとまずいとなったので、7月頭に薬剤師の方に今服用している薬やマルチビタミン、体調のことを話した上で鉄分を間接的に服用して今に至っています。近々婦人科で診察してもらい、こちらで問題が無かったら続けてみようと思っています。この悪かった点をしっかり対策できたら進捗を記せたらと思います。

2、振り返ってみたらあまり原稿ができていなかった

 2点目は振り返ってみたらあまり原稿ができていなかったことです。こちらは出勤時間の変化に伴いやはり出てきてしまったか、となっていた反省点になります。

 今月から出勤時間を早めた関係でずっと早起きの状態がずっと続けているという状況で、当初は原稿時間がしっかり確保できるかと思っていました。ですが、いざやってみたら思っていた以上に原稿をやる時間が見出せなかったんですね。なんなら、時間の前倒しの末により多忙極まりないことになってしまったんですね。

 これに関しては自分の完全に悪い癖が出ていて「あ、これならこれができるじゃん」と容赦なくぽんぽん入れ続けてしまっていたんですね。ある意味休めなかった故になってしまったことなので、これは本当にいろいろと見直さないとなとなりました。

今後の課題

 そして最後に今回の良かった点、悪かった点を踏まえ、今後の原稿に向けての課題を挙げていこうと思います。今回課題にしなければと思った点は3点あります。

1、原稿時間確保をどうすれば良いかを考える
2、しっかり睡眠時間を確保出来るようルーティン化する
3、夏の暑さ対策を徹底的に行う

 決め直しだったりこれからの過ごし方をしっかり決めないとな、という感じです。ということでこの課題を挙げた理由を記していこうと思います。

1、原稿時間確保をどうすれば良いかを考える

 まず1点目は原稿時間確保をどうすれば良いかを考えることです。こちらは1ヶ月出勤時間を早めたことでうまく整えられなかったので、見直す必要があると思いピックアップしました。

 今月からジムトレオフ・ホルモンバランスの揺らぎが生じてしまったときは8-17時勤務、ジムトレの日は9-18勤務にしています。ですが、やはりこういうバラバラになってしまったことに加えて、原稿できる時間がかなり揺らぎが出てしまったんですね。

 したがって原稿時間をどう確保しようかなと考えていかないとなとなっています。個人的にはやる時間を短く細切れにし、ちりつもスタイルでやっていくのがベストなのかなとなっています。なのでより隙間時間を作れるように1日を見直していこうかなと思っています。

2、しっかり睡眠時間を確保出来るようルーティン化する

 2点目はしっかり睡眠時間を確保出来るようルーティン化することです。こちらは朝の出勤時間が早まったことに伴い、改めて就寝時間をしっかり確保しないとなと思って挙げさせていただきました。

 こちらをしっかり考えないとなとなった理由は出勤時間を早めたことに伴い、毎日起床時間が固定となったことがきっかけでした。今までは起床時間がばらばらだったので時間は変えられたけど、出勤時間を早めたことで変わらずになったので見直す必要が出てきました。

 こちらに関してはどこかに書いたか失念しましたが、今は家族との食事内容を変えたり、入浴時間を早めてからやることをとっととやるようにしています。が、やはり無駄な時間が生じているので、そちらをどうしようかなと考えなければなりません。したがって、いずれを改めて見直していこうかなと思います。

3、夏対策を徹底的に行う

 3点目は夏対策を徹底的に行うことです。こちらは今月始まって「あ、これは改めてちゃんとやらないとまずいぞ……!」となる天候が続いているので、今回ピックアップしました。

 上記の通り、体調や原稿の進捗を管理する上でもっとも大切なのはこの夏の対策だなとなったんですね。酷暑である上になんとなく今年は雷雨をはじめとんでもない水害が来そうだなとなっていて、体調的にも崩しやすいだろうと読んだからなんですね。

 いずれの対策をしっかり続けていくためにはやはり睡眠時間や運動、そして食事を改めて夏仕様にシフトしないとなとなっています。睡眠はニトリ接触冷感の重いかけ布団導入、運動は有酸素の時間を気をつけつつ筋トレをしっかり行う。そして食事は食欲落ちないように保ちつつ塩分も程よくかとなっています。この季節、糖分と塩分摂りすぎになりがちですからね……。

終わりに

 と言うことで今回は2024年6月反省エントリーをお送りしました。今回は原稿に加えてライフスタイル的な課題が見えてきたので、少しずつ改善できたらなと思います。感想やご連絡などは各種SNS、もしくはメールフォームがありますので、いずれから送って頂けると。

多分一番呟いているThreads

www.threads.net

2週間に1回更新メルマガ(PFC管理や体感レベルの変化をお送りしています)

5ashuarfn.substack.com

記録やたまに呟くMastodon

fedibird.com

ゆるーく更新のお知らせや飯テロしているX (旧Twitter)

twitter.com

ただひたすら美味しいものを投稿しているBluesky

bsky.app

メールフォーム

docs.google.com

ちゃっかりやっている電子書籍の通販

pictspace.net

 では、今回はこの辺で。ではまた次のエントリーで!

原稿を書くオタクがボディメイクコンテスト「LEMON CLASSIC 2024 Novice TOKYO」に行ってきた

 どうもこんにちは。雨と共に尋常じゃない湿気が続いているなと思っていたら7月に入っていて驚いている方も多いと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。私は仕事がずっと忙しい上に尋常じゃない湿気と気温差と寒暖差でうっかり自律神経がご臨終していますが、どうにか過ごしています。

 とまぁ前置きはそろそろ置いておいて。そろそろ本題であるタイトル通りの話題を書いていきたいと思います。今回はいつもと趣旨を変えて……いや、一緒か? となりかけましたがまぁ良いでしょう。タイトル通り、実はボディメイクコンテスト「LEMON CLASSIC 2024 Novice TOKYO」に行ってまいりました!

lemon-classic.com

 
投稿者: @5at0m1xx
Threadsで見る

 
投稿者: @5at0m1xx
Threadsで見る

 
投稿者: @5at0m1xx
Threadsで見る

 
投稿者: @5at0m1xx
Threadsで見る

 先日楽しそうに過ごしていたやつです。日々食事や運動をはじめ、健康のことを綴り続けながら創作するオタクの方々の健康意識を高めたいと思っている身ですが、この度無事「ボディビルコンテストに行く」の実績を解除したんですね*1。今回はその感想について綴れたらと思います。人生初のこちら、一体どうだったのかお読み頂けますと幸いです。

1、LEMON CLASSICとは

 はじめに、タイトルにもあるLEMON CLASSICとは一体どんなコンテストなのかをご説明します。

 LEMON CLASSICとは広島にあるトレーニングジム「LEMON GYM」の皆様が主催として立ち上げたボディビルコンテストです。ボディビルの楽しさを知ってもらいたい、気軽に出場できる大会を作りたい、選手の地位を向上させたいという思いで2019年に「選手を大切にした大会」というコンセプトで第一回LEMON CLASSICを広島で開催。2020年から2021年は開催をお休みしてから2022年から再開。そして今年2024年は東京、大阪、そして広島の3か所開催に至っています。 そして今回のLEMON CLASSIC 2024 Novice TOKYOは登竜門*2的なクラスの大会となります。

 さらにこのLEMON GYMの皆さんは「レモンチャンネル」という名義でYouTubeをやっていらっしゃるのですが、プロテイン飲み比べ企画利きダンベル選手権、はたまたお世話になったマシンを壊し切ろう企画など面白いのは勿論ですが、「これはどうなの?」となったことに対してしっかりお話しして下さるという素敵な方々です。後何よりも、ほんっっっっっとうにボディビルが好きなんだなというのが分かると思いますので、是非とも見ていただけると幸いです。

2、LEMON CLASSICに行こうと思ったきっかけ

 では、そんなLEMON CLASSICに私が行こうと思ったきっかけについて記していこうと思います。行こうと思ったきっかけは下記3点です。

①行きやすい団体、もしくは主催の方がやっているボディビルコンテスト
②都内は都内でも行ったことがない且つ翌日観光出来るエリアでの開催
③チケット代が初心者向け

 以上3点になります。まず①に関しては主な団体の大会は見方の作法が分かってないと行きにくいなと思っていたのでマストの条件でした。②は個人的な事情で今遠征がちょっと難しい状況なので都内開催でないかとなっていました。そして③は①と連動する理由なのですが、ボディメイク系の大会ってチケット代が本当に高いんですよね。なのでお手軽なチケット代の大会があればなぁってことで③はできればでした。

 そして今回行ったLEMON CLASSIC2024東京はこの条件3つが見事に満たされていたんですね。どう満たされていたかというと、こんな感じでした。

①レモンチャンネルの皆さんが主催なので「どんな方が主催なのかが良く分かる」大会
福生市民会館で開催だったので翌日は横田基地周辺を観光できる
③一番安い座席エリアのチケットが3000円と破格だった

 とまぁ見事なまでに全ての条件が満たされていたんですね。したがって、これは1泊2日のノリで行こうとなり、チケット発売日に一番安い且つ見やすい列のチケットを確保しました。本当に相変わらず「あ、これやろ」と思ったら早いですこのオタク。

3、現地で見た感想

 さて、ここからは実際LEMON CLASSIC 2024 Novice TOKYOで見てきた感想を記していけたらと思います。まずは良かった点は下記3点です。

①1人でも複数人でも気軽に行ける
②席問わず絶対に見える演出且つBGMも場面ごとに適した仕様だった
③会場内が比較的回りやすかった

 いやぁ、良い点が多い! 良いことだ! となりつつ1つずつ綴っていこうと思います。

①1人でも複数人でも気軽に行ける

 まずこちらに関しては出場者の応援の方は勿論のこと、実は私含め1人で来られている方が結構多かった印象だったんですね。なんなら私自身隣に座った方と意気投合し、2人で観戦しながらいろいろとこの方は良い、とかいろいろとお話ししながら見れました。そういう意味でも1人でも複数人でも見れる、親しみやすさ満載の大会だったなという所感でした。

②席問わず絶対に見える演出且つBGMも場面ごとに適した仕様だった

 次の②に関してですが、当日の配信動画を見てお分かりいただけると思いますがどの席からでも絶対に全選手しっかり見えるステージングだったんですね。特に決勝の演出は現地で見ていて鳥肌が立ったレベルで「か、カッコ良い!!!」となっていました。そして会場内のBGMもDJ仕様でクラスや場面ごとに変わっていくのが本当に良かった。聞いていてノリノリだし、より選手の皆さんや会場の皆さんを引き立っていたなと。本当にこれは全力で会場内BGM担当の方に拍手を送らせて頂きたいです。

③予備知識がなくても現地で学びながら見ることができる環境だった

 最後は改めて予備知識がなくても現地で学びながら見ることができる環境だったように思います。ある程度YouTubeなどで学ぶことはできましたが、現地で見ていて本当に大丈夫かな? となっていました。ですが、実際現地で見ていたときにMCのハムちゃんさんがこう見るんだよ、としっかり教えてくださったんですね。そのお陰で私もお隣の方も声をお送りしたり、2人できゃっきゃとしながら見ることができました。そういう意味でも本当に初心者向けのイベントだったように思いました。

 以上が良いなと思った点でした。そして次は「これは惜しかったなぁ〜!」となった点についてです。殆どなかったのですが、強いていうなら大会の見方的な三つ折りパンフレットとかあるともっと丁寧だったかもなぁという点です。イベントの開催が今回3か所である上にその分の印刷代を考えたら無しになったのはしょうがないかな、と思いますが、そういったものがあれば初めて見に来られた方が安心できる要素になるかなぁと。

4、最後に

 と言うことで今回は原稿を書くオタクがLEMON CLASSIC 2024 Novice TOKYOに行った感想を書かせていただきました。まさかこの年齢で人生初の経験ができるとは思わなかったですし、本当に行って良かったなと思いました。来年もまた行こうとなりましたし、ますます彼らを応援しながら創作を頑張ろうとなりました。

 そして毎度恒例ですが、こちらを読んで「ここはどうしたらいいの?」という点がございましたら、各種SNS、もしくはメールフォームからご連絡して頂けたらブログで回答させて頂きます。

多分一番呟いているThreads

www.threads.net

2週間に1回更新メルマガ(PFC管理や体感レベルの変化をお送りしています)

5ashuarfn.substack.com

記録やたまに呟くMastodon

fedibird.com

ゆるーく更新のお知らせや飯テロしているX (旧Twitter)

twitter.com

ただひたすら美味しいものを投稿しているBluesky

bsky.app

メールフォーム

docs.google.com

ちゃっかりやっている電子書籍の通販

pictspace.net

 ではでは今回はこの辺で。次回もゆるっと更新できたらと思います。また次回のエントリーで!

*1:当日も#レモンクラシックというハッシュタグをつけて現地組の声を届けていました。詳細はこちら

*2:大会名についているノービスクラスは、オープンクラスで入賞したことのない選手のみが出場できるクラスなのでこう表現しています。

原稿を書くオタクが最低限見直すべき事-朝食編

 どうもこんにちは。梅雨が入っていたり明けたり、はたまたまだ入ってないよっていう人がいるという中ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私は転職してからずっと忙しい日々を送っています。どのくらい忙しいのかといったら、創作と仕事と筋トレを両立させるために早寝早起きをよりしっかり行い、朝のジムトレや有酸素などの答えを探しているというとお分かりいただけるでしょうか。一応答えが見えつつあるのですが、最早一体どこに行きたいんだろうと遠い目をしてしまっていますが、まぁ良いでしょう。

 まぁ前置きはそろそろ置いておいて。そろそろ本題であるタイトル通りの話題を書いていきたいと思います。この健康管理をテーマにしたエントリーもなんと、記念すべく第10弾となりました!!! どんだけ書いていたんだ、となったけれど最後に更新したのがかなり前だったなぁとしみじみしています。そんな今回はある意味創作をする方々をはじめ、この国の人たち全員の課題となりつつある「朝食」をテーマに記していけたらと思います。「ええー、前にも食事で書いたじゃん」といわれそうですが、このシリーズを休んでいた間ほんっっっとうにいろいろな人から「どうすればあんな朝食食べられるの?」とか「しっかり食べたいけどなかなか食べられないんだよ……」という言葉をきっかけにご相談を受けることが本当に増えたんですね。なので、すぐにでもできる改善方法を記せたらと思います。それでは、改めて今回もいってみましょう~!

1、朝食を見直して欲しい理由

 はじめに、朝食を見直して欲しい理由をお話しします。これはもうずばりこれです。

「朝食を抜き続けたら最悪の地獄が待っているから」です!!!

 え、どういうこと? と思う方もいらっしゃると思いますが、段階を追ってお話しします。まず、そもそも夕食から朝食までの時間は最低でも睡眠時間プラスアルファありますよね。おそらく最低でも8時間以上は開くんじゃないでしょうか。更に睡眠という行為は実はカロリーを消費しています。したがって、朝は人間にとって究極の飢餓状態で迎えるタイミングなんですね。

 この飢餓状態から抜け出すためには、朝食を食べることは欠かせません。なぜならエネルギーがないと脳や体を動かないからですが、ここで食べないとエネルギーが取り入れられません。そうなると体が重く、だるさや疲労感が残って元気が出ません。物に例えるとするなら、ガソリンのない車みたいな状態になるんですよ。

 更に、必要なエネルギーを生み出す栄養が補給されていないと、体はグリコーゲンという形で貯蔵しておいたものを分解してブドウ糖を利用します。言い換えればガス欠状態の車でノロノロ走るためにパーツに回していたエネルギーを使わないといけない状態が続いてしまうという、めっちゃめちゃコスパが悪い状態で過ごさなければならなくなります。

 やはり動くならガソリンが満タンな方が安心となりますよね。そのためにも、朝食って非常に大切な物なんです。そしてこの朝食を食べない期間が長い&疎かにし続けていると、重度の副腎疲労になって小麦類・乳製品・甘い果物などがアウトになり、売られているものがほぼ食べられなくなるという地獄の食事制限ライフを送るという我が姉のような末路が待っています*1。そんなのぜっっったい嫌じゃないですか。そうならないためにも、どうか、どうか朝食を食べられるよう見直して下さい。食べた方がマジで健康だから……!
参照元URL:

www.maff.go.jp

biken-kai.com

2、見直しててほしい3つのポイント

 では次に朝食見直すにあたって見直して欲しい3つのポイントについてお話ししていけたらと思います。恐らく多くの人にとっては分かってはいる、でもできないんだとなることかもしれませんが、絶対にやっていただきたいことなので、しっかり挙げさせて頂きました。それでは、下記3つの基準を紹介させて頂きます。

①夕食の量や食べるタイミングを見直す

 まず1点目は夕食の量や食べるタイミングを見直すことです。「え、朝食の話なのに夕食???」となる方も多いと思います。しかし朝食をしっかり食べられるようになるためにはかなり大事なことだったりします。ある意味夕食をどうにかすれば朝食も食べられる、といっても過言ではありません。

 実は朝食を食べられない人の多くは夕食を食べすぎている傾向があります。更に正確な表現で言うなら、朝食<昼食<夕食、と時間を追うことに食べる量が増えている傾向にあります、とお伝えした方が良いかもしれません。なぜこう書いたのかと言うと、人間の活動って時間を追うごとに減っていくじゃないですか。それなのに、食べる量を増やしてしまったら消化が問に合わなくなってしまうんですよね。

 そこで朝食を食べるための対策として、夕食の量や食べるタイミングを少しずつ調整してみましょう。具体的に言うなら夕食を少しずつ減らすことです。でも夕食の時間まで開いてしまってお腹が減っちゃう! と言う人も多いと思います。その対策として、干し芋や和菓子など腹に溜まるもの、さらにお腹減るって方はおにぎらずなどを持参して休憩時間や仕事のおやつタイムにさっと食べるなどを取り入れてみましょう。そうすると夕食までの空腹に耐えられるし、夕食を少しずつ減らせるようになると思います。最初は洋菓子でも良いと思いますが、最終的には和菓子か干し芋、おにぎらずなどにシフトするとより腹持ちします。

 そしてここで一番注意していただきたいことがいきなり減らさないこと。最初から100%やれるわけなんてないし、挫折へのロードを辿ることとなるので、本当に少しずつ減らしていきましょう。私も少しずつ調整したり、「これがダメならこっちはどうだ!」みたいな感じで試行錯誤し、最終的に和菓子やおにぎらず、そしてこちらを食べるようになりました。

youtu.be

 ダイエットしたいけど甘いものが食べたーい! の時にめっちゃめちゃ参考になるレイチェルさんによるプロテインを使ったブラウニー*2。これを今いちごオレ味のプロテインで作ったらアポロチョコっぽい味がしてなかなか美味しいです。しかもこれ1個でミックスベリーを追加したりしてもカロリー100kcal以下になるものなので本当に罪悪感ゼロです。こう言うヘルシーなおやつも最近YouTubeにあるので、是非探してみてください。

②食べやすい食材で少しずつ段階を踏んで導入する

 2点目は食べやすい食材で少しずつ段階を踏んで導入することです。これも1つ目と一緒でいきなり一汁一菜とか作るなんてほんっっっとうに無理! となる方が多いと思います。私もこの本でチラッと書いた通り、最初は無理でした。そこで私が実際やった方法が食べやすい食材で少しずつ段階を踏んで導入することでした。

 まずこれを行う際に考えたことは「私は何を食べる時にテンションが上がっているんだろう」でした。そこでしっかり食べていたときにテンションが上がったのが具沢山おにぎりか卵がけご飯、オープンサンド、ホットサンド。つまりは「主食にたんまし副菜をプラスしたスタイル」だったんですね。じゃあこの中でもっとも楽に準備ができるスタイルから始めようと思い、卵かけご飯に鮭フレークやしらす干しだけから始めました。そうして余裕ができたら具沢山の味噌汁をプラスして今に至っています。

 「え、米なんて無理……」となる方はバナナとかパンに適当に何かを挟んだり塗ったりしたスタイルとかでも十分です。できれば自炊スタイルでやっていただきたいですが、そこまでの気力がない方はBASE BREADやコンビニおにぎりでも大丈夫です。それに慣れてきたらプロテインや汁物を加えるとより捗ります。プロテインは極端に甘くなく普段の飲み物に近しい味でも出ていますので*3、とにかく自分が食べられるものから始めてみてください。ちなみにコンビニの菓子パンと惣菜パン、テメェは糖質と脂質が高すぎでダメだ!!! ということでこの2つはぜっっっったいに避けましょう。最悪糖尿病や脂質異常症とかになりますからね……。

③朝食のメニューを固定してしまう

 3点目は朝食のメニューを固定してしまうことです。私を含むバリバリの社会人や学生の皆さんをはじめ、日本人って本当に朝時間ないって人多いですよね。私も朝は1日の中でもっともRTA走者のような朝を過ごしているので、とても分かります。しかし、日々SNSに朝食を挙げてからしっかり食べ、なんなら皿洗いなど片付けを徹底的にしてから出社しています。そうできている理由はズバリ、朝食のメニューを固定してしまっているからなんですね。

では、現在の私はどんな朝食を摂っているのかというと、今は下記運用にしています。いつもの投稿であげている写真と共にどうぞ。

レーニングの日
投稿者: @5at0m1xx
Threadsで見る

・卵がけご飯(温泉卵・鮭フレークかしらす・醤油麹・気分で小口ねぎ)

・前日夜作った味噌汁(乾物たっぷり)

レーニング休みの日
投稿者: @5at0m1xx
Threadsで見る

・玄米と雑穀のシリアル黒糖風味(バナナ1本・豆乳ヨーグルト50g・アーモンドミルク50ml・冷凍ミックスベリー適当)

・前日夜作った味噌汁(乾物たっぷり)

週末1日のどっちか
投稿者: @5at0m1xx
Threadsで見る

・平日作り置きで残った主菜を乗せて調理したパン

・前日夜作った味噌汁(乾物たっぷり)

 と言う感じです。見てお分かりいただける通り、主菜をセットにした主食と汁物が固定されていると言う法則を設けてこうしています。こんなの朝だけ準備できないと思う方も多いと思いますが、私の場合は前日の夜に味噌汁に入れている乾物をあらかじめお椀に準備しています。レーニング休みの日はシリアル1食分もプラスでやっています。これをやっておくだけでも朝めっちゃめちゃ楽です。

 ただ、こんな風に準備すら無理だよって方もいると思います。そんなときこそ上述した皮を剥いたバナナとか、袋破いたら食べられるBASE BREADとかにしましょう。朝のリソース配分を避けられないこそメニューを徹底的に固定し、自分ができる範囲で準備できる朝食をセットしておく、もしくは開封・剥いたらあっという間にできるみたいな朝食を固定メニューにすることで、しっかり食べられるようにするように動いてみましょう。まずはやってみることが大事です。

最後に

 と言うことで今回は原稿を書くオタクが最低限見直すべき事を朝食という観点から書かせていただきました。成る程なぁ〜とかこれならできるかなぁと思っていただけるととても嬉しいです。

 そしてこちらを読んで「ここはどうしたらいいの?」という点がございましたら、各種SNS、もしくはメールフォームからご連絡して頂けたらブログで回答させて頂きます。

多分一番呟いているThreads

www.threads.net

2週間に1回更新メルマガ(PFC管理や体感レベルの変化をお送りしています)

5ashuarfn.substack.com

記録やたまに呟くMastodon

fedibird.com

ゆるーく更新のお知らせや飯テロしているX (旧Twitter)

twitter.com

ただひたすら美味しいものを投稿しているBluesky

bsky.app

メールフォーム

docs.google.com

ちゃっかりやっている電子書籍の通販

pictspace.net

ではでは今回はこの辺で。次回もゆるっと更新できたらと思います。また次回のエントリーで!

*1:彼女からは「しくじり先生案件として是非とも話してくれ!!!」というお言葉をいただいています。

*2:メルマガを読んでくださっている方にとっては「あー、これ!」となるくらいには紹介してたりしています。

*3:熱く語ったエントリーはこちらからどうぞ。

人生初エッセイ同人誌をセルフ電子書籍で発行した理由と方法

 こんにちは、皆様いかがお過ごしでしょうか。以前のエントリーからあまり間なくの更新となっておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。私はホルモンバランスの月次処理になる直前からなっている最中は小麦が食べたくなってしまうことが発覚して「な、なんで?」となりつつ、仕事で酷い誤字をぶちかまして上司に笑われたり、久々におうち入院DAYを設けて「あ、これ良いかもしれない」となっていました。まだまだ新しい発見が多いものです。

 そして今回のエントリーですが、前回の終わりにチラッと話題にした「同人誌をセルフ電子書籍で発行した理由と方法」をテーマに記せたらと思います。2エントリーくらいでずーっと「今回かなり珍しい形での出展だった」と書いていましたが、どう珍しいかがいまいち見えていなかった方も多いのではないでしょうか。今回はこうした背景や方法、やってみた際のメリットデメリットをまとめていけたらと思います。それではいってみましょう。

1、セルフ電子書籍にしようと思ったキッカケ

 まずはセルフ電子書籍にしようと思ったキッカケについてお話しできたらと思います。ざっと箇条書きにするとこういう感じです。

  1. 転職先は副業OKと聞いていたのに実はアウトだったと言われる
  2. 更にこのタイミングでとある作家さん*1のやばい脱税のニュースが入り、更に国税局がこれから本格的にクリエイターに対して動き出すという情報が入った
  3. 更に自分自身が理由あって荷物を減らし始めている

 以上のような経緯がありました。1に関してはめっちゃめちゃオブラートに包んで話すと「社長はそうしたいと思っているけれど親会社が「ダメ」と言ってきていてまだできていない。やるとしたらふるさと納税くらいにねー」という回答だったというと伝わるでしょうか。嘘やーんとなっていたときに何と、丁度良く2が起きたんですね。

 2に関しては第一報が出て以来じっくり注視していたのですが、そちら方面に繋がりが強い且つ絶大な信頼をおいている方から「国税局が夏から秋ぐらいからそちら方面に取りにかかる」という情報が入ったんですね。そう言った事情を見ていて「これ下手すると白でもやばいんじゃ……」となったんですね。

 更にこの2つの事情に加え、ここ近年の私は事情あってかなり断捨離をしていまして、「荷物を減らしているのにまた在庫作るとか増やす行為に繋がるんじゃ……」となったんですね。嵩張らずいろいろとできる発行スタイルってなんだろうとなったとき、「普段お世話になっている電子書籍がいいんじゃないか?」となったんですね。そこからいろいろ調べるうちに「もしかしたら①〜③の懸念が解決できるし、本を出せるじゃないか」となり、セルフ電子書籍で無料配布スタイルにしようとなりました。

2、電子書籍にする上でハードルとなる事

 では次に、電子書籍を出すにあたって何がハードルだったのかを挙げていきたいと思います。私は今回下記3点が課題でした。

  1. どうやって無料という形で頒布するか
  2. 電子書籍をどうやって見れるようにするか
  3. 通販をどうするか

 以上3点がハードルと思っていたことでした。まず1に関しては儲けを出しては行けないという状況下だったので、Kindleをはじめ電子書籍販売サービスが使えない状態でした。したがって、いずれを使わずにどうやって無料という形で頒布できるのかを考える必要がありました。

 2に関しても同様で、電子書籍サービスにPDFをUPするということができませんでした。そのため比較的多くの方が使っているサービス且つUPしやすい場所を探す必要が生じました。

 最後の3ですが、個人的にはこちらがもっとも高いハードルでした。電子書籍サービスが使えないということは、通販が全くできないという状況になってしまったんですね。したがって、こちらに関しては電子書籍の値段を0円にできる、自分に売上が入らず送料やDL手数料がサービス提供元の企業様にいくという形にできるサービスを探す必要ができました。

3、実際にやったデータ作成・頒布方法

 と言うわけでここからは実際にやったデータ作成・頒布方法について記せたらと思います。

1、データの作成

 データ作成は今回Wordで作成→Adobe Acrobatでパスワード付きPDFにするという形にしました。Word1段組みで流し込み、バランスを整えてからPDFにし、Adobe Acrobatでパスワードをつけることでパスワードを知っている人だけが見れるようにしました。こうすることでパスワードを頒布すれば良いようにしました。

2、頒布方法

 ここまで作成した上で次は頒布方法についてです。まずざっと箇条書きスタイルでお伝えすると、こうしました。

  1. Google Driveに専用アカウントを作成し、そのアカウントにPDFを UPする
  2. 1で生じたURLをQRコード化する
  3. ポストカードにPDFのパスワード、2で作ったものを記したポストカードを作り、こちらを無料配布する

 以上のようにしました。ある意味一番楽且つ誰もが読みやすいだろうというスタイルはこれだ、となったのが今回の形になります。したがって、当日はポストカードを頒布すると言う形で済ませることができるようになりました。

3、通販方法

 最後に通販方法についてです。こちらは結論から先に書くと、pictSPACEを利用する方向にしました。

 

pictspace.net

 pictSPACEは無料配布、つまり0円で作品を頒布することができますが、こちらは紙媒体のものでも対応可能という数少ないサイトです。どう言うことか見えない方向けに実際の通販ページをお見せします。

pictspace.net

 作品の価格は無料ですが、pictSPACEの運営様に手数料350円だけ払う形になっているのがお分かりいただけると思います。こうすることで、通販でも自分に入らずpictSPACEに350円支払う形にすればやりたい形でできるようになりました。

 通販の人だけ金かかるのかと言う人がいらっしゃると思いますが、そもそもオフラインの方は来るための交通費というものが発生しています。それのことを考えたら遥かに安いと思うので、そういう意味ではフェアーだと解釈しています。

4、メリットとデメリット

 今回の頒布方法について記したところで、最後にこのスタイルのメリットとデメリットを記せたらと思います。ざっと書いてみると下記の通りです。

メリット

  • とにかく安く頒布できる
  • 気軽にフルカラー本を出せる
  • ポストカード配布にすることで購読者数を管理出来る
  • 在庫がかさばらない

デメリット

  • 紙派の人がなかなか手に取ってくれない
  • 電子書籍だからこそ宣伝がしにくい
  • 装丁の幅は本より狭い

 以上のようなメリットとデメリットが今回頒布したことで見えてきました。個人的には同人誌を出したいけれど在庫を抱えたくない、もしくは気軽に出したい方にとっては良い形なのではないかなぁと思います。

 それと同時にデメリットに対しての対策も必要かと思っています。前回の反省エントリーにも記しましたが、スペース上で「こういう頒布スタイルの出展ブース」というのを明確にすればかなり改善されるのではないかと思っています。

 あと紙派の方にとっては装丁とかそういったものがなくて物足りないと思います。ですが、今回実際試してみて思ったのは「ポストカードでもそれなりに紙の種類や加工で遊べるな」でした。印刷所次第ではその点改善できると思うので、探してみるのも良いかもしれません。

終わりに

 と言うことで今回は同人誌をセルフ電子書籍で発行した理由と方法についてまとめたエントリーをお送りしました。このエントリーをきっかけに電子書籍はセルフで出せること、そして同人誌を出したいけどいろいろと問題が、となる方の背中を押すエントリーになれたら幸いです。感想やご連絡などは各種SNS、もしくはメールフォームがありますので、いずれから送って頂けると。

多分一番呟いているThreads

www.threads.net

2週間に1回更新メルマガ(PFC管理や体感レベルの変化をお送りしています)

5ashuarfn.substack.com

記録やたまに呟くMastodon

fedibird.com

ゆるーく更新のお知らせや飯テロしているX (旧Twitter)

twitter.com

ただひたすら美味しいものを投稿しているBluesky

bsky.app

メールフォーム

docs.google.com

ちゃっかりやっている電子書籍の通販

pictspace.net

 では、今回はこの辺で。次は久々に健康管理的なエントリーを書けたらと思います。ではまた次のエントリーで。

*1:一人で日大田中理事長や話題の頂き女子さんを越しているあの一件ですとだけ……。

2024年5月終わったので創作方面の反省をしてみた

 こんにちは、皆様いかがお過ごしでしょうか。GWとか文学フリマとかあったりする中、天候がすごいことになりましたがいかがお過ごしでしょうか。私は鬼門の時期ことGWから梅雨に突入しかけて色々出てしまっていましたが、ようやく戻りつつあってホッとしています。いやぁ、本当に女性の体調って怖い物ですね。

 そして今回のエントリーですが、タイトル通り2024年5月が無事終わったので、創作や日々の生活における反省を記せたらと思います。例の如く良かった点と悪かった点を挙げ、5月以降の課題を記せたらと思います。それでは、まずは良かった点についてからいってみましょう。

今月の良かった点

 ということでまずは今月の良かった点についてです。良かったと思ったことは下記2点です。

  1. 文学フリマを無事終えられた
  2. 無配の電子書籍の通販方法の理想形を見つけられた

 完了したことと未来に関することが挙がっていますね。一体どういうことなのかお話ししたいと思います。

1、文学フリマを無事終えられた

 まず1点目は文学フリマを無事終えられたことです。こちらは長年の活動の中でも初めてのことだったので、本当に終えられて良かったなと思ったトピックです。

 まず、昨年11月に友人のスペースでお手伝いとして出たときに「あ、出てみよう」となってそのまま勢いのままに申し込んで以来ずっと原稿に向き合っていました。そこから転職してから生活の変化がある中、いろいろとあって「あ、このスタイルだとあかんのでは……」となったりしていました。正直出すまで大丈夫かな、と不安になったり心身ともにいろいろな変化が出て戸惑ったりしていました。

 そんな中「当日はこれで大丈夫かな」とか、「どなたかいらっしゃってくれるかな」とかいろいろと思うことがありましたが、無事に終えることができました。いろいろと課題が出はしましたが、次に繋げられたらと思います。

2、無配の電子書籍の通販方法の理想形を見つけられた

 2点目は無配の電子書籍の通販方法の理想形を見つけられたことです。こちらは1と連動している且つ、「このスタイルだといろいろと遊べるんじゃないかな?」と思えたトピックになります。

 実は転職をきっかけにいろいろと「同人誌を出す」という行為そのものに対していろいろと考える機会がありました。そうしていろいろなニュースを見て「あれ、これもしかして今青色とか白色とか関係なくこれから危険なんじゃないかな?」とか、「今ものを減らしていることを考えたら同人誌じゃなくて電子書籍の方が良いんじゃないかな」となっていました。

 そしていろいろと考えた結果、「自分で作った電子書籍を見ることができるQRコードを記したポストカード」を配布すれば良いんじゃないか? となり試してみました。そうしたらこれが本当に良かったですし、「紙媒体のハードルが下げられるんじゃないかな」となれたと意味で良かったなと思います*1

今月の悪かった点

 次は今月の悪かった点についてです。これはちょっと直さないといけないかもしれない、と思ったのは下記2点です。

  1. 広報としての知見不足が分かった
  2. メンタルがぐらついて人に迷惑をかけてしまった

 お前ほんとにさぁ〜! みたいなのがちらほらありますね。こちらも例の如く1つずついってみましょう。

1、広報としての知見不足が分かった

 まず1点目は広報としての知見不足が分かったことです。こちらはずーっとそうなんだろうなぁと思っていたことが今回改めて露見されたトピックだったのでピックアップしました。

 今回初めて文学フリマに出たのですが、改めてあのイベントはに出るためには広報としての知見が非常に大切だと思いました。なぜなら自分は初めて出る、しかも今回かなり特殊な発行スタイル、ならば宣伝をしなければならないのに今回そこまでできていなかったからです。

 何故出来なかったのかは時間がなかったことも勿論ですが、何よりも広報としての知見が一切なかったことが大きかったのだと思います。今回の文学フリマそういったことを学べる本を手に取れたので、そういったそのやり方を取り入れていこうと思います。

2、メンタルがぐらついて人に迷惑をかけてしまった

 2点目はメンタルがぐらついて人に迷惑をかけてしまったことです。こちらは今回本当に実害が出てしまったといいますか、漢方薬の大切さの改めて学んだトピックになります。

 こちらですが、実は5月の頭くらいに4種類服用していた薬を1種類だけにし、様子見していました。最初こそ体調が良かったのですが、日が経つにつれて段々苛立ちがとんでもないことになり、オンオフでかなり多くの人に迷惑をかけてしまうということが起きてしまいました。本当にこれは反省せねばなりません。

 そこからどうしてそうなったのか、自分の身体的にこれはないとダメなのでは? となる薬はどれなのかを見直しました。そして1種類だけ戻そうと決め、2種類服用する形に戻しました。そうしたら見事に心身ともに体調が戻ったので、「私は生きるためにこれが必要だし、改めてカットしてはいけない」となり、引き続き注視していこうと思います。

今後の課題

 ということで今回の良かった点、悪かった点を踏まえ、今後の原稿に向けての課題を挙げていこうと思います。今回課題にしなければと思った点は3点あります。

  1. 仕事と原稿の時間を見直す
  2. メンタル安定方法(5~6月)を定める
  3. 先の原稿計画を組み立てながら勉強をする

 振り返りだったり決め直しだったりという感じです。ということでこの課題を挙げた理由を記していこうと思います。

1、仕事と原稿の時間を見直す

 まず1点目は時間の管理法を見直すことです。こちらは1ヶ月実際働いてみて「あ、改めて決め直さないとな」と思いピックアップしました。

 日常ブログの方にチラッと書いたと思いますが、今月からジムトレ以外・ホルモンバランスの月次処理直前の期間は8-17時勤務、ジムトレの日は9-18時勤務という運用をテストという形でスタートしました。このように通勤時間を調整したことで体調はかなり良い感じだったのですが、職場での原稿時間が減ってしまっていたんですね。そのためここから一度見直す必要があるとなりました。

 現状では創作関係はお昼休みと帰宅してからの時間、日常ブログは帰りの電車内で書き終えて家でUPするというイメージができています。後者の日常ブログは出来ているので、あとは創作関係の時間を定められたらと思います。

2、メンタル安定方法(5~6月)を定める

 2点目はメンタル安定方法(5~6月)を定めることです。こちらは今年のホルモンバランスの乱れによる症状が強烈に出たことで「あ、これやらないとまずいなぁ」となり、ここでピックアップしました。

 まずこちらに関しての答えとして分かっていることは婦人科の薬は2種類飲み続けることと食事はしっかりと食べたら動く・動いたら食べるを心がける、そして睡眠と筋トレを怠らないという点です。あと見直せるポイントとしては何かなぁと考えたのですが、やはり気晴らしをどうするか、という点となっています。

 今までだったら食事で気晴らしをしていたのだけれど、食べられるものがだいぶ減ってしまったので、違うものを探す必要があるんですよね。とりあえず新たな沼にハマらないよう「私は貯金ファーストなんだぞ!?」となりつつ良い気晴らし方法を探せたらと思います。

3、先の原稿計画を組み立てながら勉強をする

 3点目は先の原稿計画を組み立てながら勉強をすることです。こちらは「あ、改めて勉強しないとダメだな」となったことが多々あったために今回先々の課題として挙げさせて頂きました。

 まず文学フリマにおいては広報の知識が圧倒的に足りていなかったなということを思い知らされたことは書いたと思います。そこに加えて本業のお仕事のことでも勉強が必要だなぁとなることがあったのですが、それへのトドメとして人生のメンターこと湊きよひろさんから「これから5年は勉強だよ⭐︎」というアドバイスをいただいちゃったんですよね。

 ということでこれからは原稿計画の際に「勉強時間」というカテゴリーを再び作る必要があるとなっています。思えば昨年も資格の勉強とか転職活動で全く同じことをしていたので、それをフル出社という環境でどうやっていこうか、と考えていけたらと思います。

終わりに

 と言うことで今回は2024年5月反省エントリーをお送りしました。今回はまた新たな観点で新しい課題が見えてきたので、少しずつ改善できたらなと思います。感想やご連絡などは各種SNS、もしくはメールフォームがありますので、いずれから送って頂けると。あと電子書籍の通販もやっています。

多分一番呟いているThreads

www.threads.net

2週間に1回更新メルマガ(PFC管理や体感レベルの変化をお送りしています)

5ashuarfn.substack.com

記録やたまに呟くMastodon

fedibird.com

ゆるーく更新のお知らせや飯テロしているX (旧Twitter)

twitter.com

ただひたすら美味しいものを投稿しているBluesky

bsky.app

メールフォーム

docs.google.com

ちゃっかりやっている電子書籍の通販

pictspace.net

 では、今回はこの辺で。次は今回の発行スタイルこと電子書籍にした経緯を挙げられたらと思います。ではまた次のエントリーで。

*1:こちらは次のエントリーで詳細を書きます。

文学フリマ東京38に出店したので感想と反省会をしてみた

 こんにちは、皆様いかがお過ごしでしょうか。気付けばもうすぐ梅雨なんじゃないかと言う気候を迎えつつありますが、いかがお過ごしでしょうか。私はタイトルの通り文フリに出たり、その前後がスケジュールRTAすぎてえらいことになったりしていましたが、どうにか元気に過ごしています。そして改めて自分の体が正直すぎて笑っちゃったりもしていましたが*1

 そして今回のエントリーですが、タイトル通り文学フリマ東京38に出展したので、その感想と反省をテーマに記せたらと思います。今回かなり珍しい形での出展だったのでどうかなぁとヒヤヒヤしておりましたが、どうにか無事に終えることができました。其の背景は次のエントリーで書くとして、今回は純粋に出店者としての感想と出展してみた上での反省点や次回に向けてどうすべきかをまとめてみました。それではいってみましょう。

1.出展してみた感想

 ということで出展してみた感想から書いていきたいと思います。

 まず、出展側として出てみた感想はシンプルに「楽しかった」の一言です。そう感じた理由は今まで売り子としての参加だったのが出展者側となり、中の人として出るのが好きなんだなぁと改めて思ったことが大きかったと思います。改めてこういった形の書籍や二次創作など自分が思っていることを形にすることが大好きなんだな、となることができました。

 そして他に浮かんだ感想としては、思ってるより話しかけて下さる方が多く、それが本当に嬉しかった、でしょうか中には「ブログをいつも読んでます」とか、更には「こう言う本をずっと探していたんだよ」といってくれた紳士もいらっしゃり、本当に有り難かったです。思えば探していてあるようでない本だったなぁと振り返る、良い機会だったようにも思います。

 そして何よりそうなのかとなったことが「今回発行した新刊が内容的に男性ウケの方が圧倒的に良い」と分かったことでしょうか。個人的には女性にウケるかなと思っていたんですが、やはりこういったヘルシー・フィジカルな方面の話題は男性の方が関心があるんだなと。そういったことを踏まえて、今後のブックデザインも男性にウケるようにシフトするといいのかなともなりました。

2.出展者側の所感と課題

 次に出展者側としての所感をまとめていきたいと思います。今回は良かった点と悪かった点それぞれ3点ずつ書いていけたらと思います。

〇良かった点

設営が楽だった

 良かった点の1つ目は設営が楽だったことです。

 今回はQRコードを記したポストカードを無料配布するというスタイルだったこともあり、搬入と搬出がそれぞれ手持ちでスタイルで済みました。その関係もあって、友人共々チラシを片付けてからそれぞれのバッグに入れたテーブルクロスと新刊たちを出して「はいおしまーい!」と進めることができました。

 今回参加してみてまずこちらは本当に良かったなと思いますし、今後もこのスタイルで気軽に参加できるなとなりました。

ポストカードで無配(QRコード)もいけることがわかった

 2点目はポストカードで無配(QRコード)もいけることがわかったことです。

 まず、大前提として私のブースは「無料の電子書籍QRコードを記したポストカードを配布する」という同人誌を刷ることが当たり前の文フリでかなり特殊な形での頒布スタイルでした*2。したがって今回このスタイルで通じるのか、本当に不安でした。

 ですが、実際参加してみたらこのスタイルでもそれなりに手に取ってくださる方が多かったんですね。なのでこのスタイルでもアリなんだな、と言う自信につながりました。この点は本当に良かったです。

スペースに弁当持参スタイルが非常に楽だった

 3点目はスペースに弁当持参スタイルが非常に楽だったことです。

 実は今回、私は弁当とおやつを持参していました。そうしようと思った理由は前回の文学フリマ東京37に売り子として参加した際、コンビニなどで購入した食事が全く足りない状態になってしまい後半かなり空腹でフラフラになってしまったからです。そこで今回はこのような形で弁当を持参していました。

投稿者: @5at0m1xx
Threadsで見る

 無印のお弁当パックいつも各SNSにUPしている主食・主菜・副菜を入れただけのお弁当といつも作っているプロテインブラウニー(こっちは写真を撮影しそびれました)。このパックにすれば現地で捨てることができ、荷物も軽量化できますし、何よりもいつもの食事ができるという安心感が凄かったです。こういった安心感や満足感のことを考え、次回もこちらはやろうと決めたくらいには良かったです。

悪かった点

圧倒的に宣伝不足だった

 悪かった点の1つ目は圧倒的に宣伝不足だったことです。

 今回は初出展だった上にかなり特殊な発行スタイルだったことから、「この文フリでどんな宣伝スタイルをすれば良いんだ?」となっていました。 二次創作の同人活動とは違い、中身をどのくらい見せて良いのかなどが本当に読めずで、結局今回こういったスタイルでの宣伝となりました。

投稿者: @5at0m1xx
Threadsで見る

 SNSでこう言った形で宣伝をしていました。しかし体感的にこれだけでは宣伝不足でしたし、この発行スタイルのことに関してのアナウンス不足だったので、そういった意味でも次は宣伝の方法を見直さないとなりました。

当日の見本の見せ方が悪かった

 2つ目は当日の見本の見せ方が悪かったことです。

 こちらも1つ目と連動していて、初出展だった上にかなり特殊な発行スタイルだったことによってさまざまな迷いが生じていました。今回はポストカードの側に1章までのコピー誌見本とiPad Proで、というスタイルとしておりましたが、やはりなかなか手に取られなかったなぁという印象でした。なんなら間違えて持っていきかけた人も何名かいらっしゃったので、その点も気をつけなければならないなぁと。

 したがってこちらに関しては見本誌そのものをどう見せれば良いのかを定めることが重要だとなりました。しばらくいろいろな方の見本スタイルを見ていけたらなぁと思っています。

どんなブースなのかの説明が足りていなかった

 3つ目はどんなブースなのかの説明が足りていなかったことです。

 こちらに関しては特殊な発行スタイルだったことに対しての説明不足すぎたなぁと思うことが多々あっての反省点でした。そう思った理由は前を通ってくれる方が多かったけど「何だろうこれ?」となる方が非常に多く感じたんですね。やはり今回のQRコードに記したポストカードを配布、というスタイルであることを大々的に書いていなかったことが要因だったのかなとなっていました。

 したがってこちらに関しては今回お品書きとして使っていたスタンドに「どういうものを頒布しているか」を大きく書こうとなりました。

3.最後に

 今回は文学フリマ東京38に出店した感想と反省会を綴ってみました。今回出てみて当日の設営のためのアイテムを見直そうとか、どんな情報を掲示していけば良いのかをしっかり選定する、そしてサンプルをより読みやすくするためにはどうすれば良いのかなどが必要だなぁとなっていました。やはり実際出てみないと分からないな、となったのでそういう意味では課題が見えてよかったです。

多分一番呟いているThreads

www.threads.net

2週間に1回更新メルマガ(PFC管理や体感レベルの変化をお送りしています)

5ashuarfn.substack.com

記録やたまに呟くMastodon

fedibird.com

ゆるーく更新のお知らせや飯テロしているX (旧Twitter)

twitter.com

ただひたすら美味しいものを投稿しているBluesky

bsky.app

メールフォーム

docs.google.com


 次回辺りにどうして今回の文学フリマ東京38で「QRコードを記したポストカードを配布という形の電子書籍」にしたのかについて書けたらと思います。ではまた、次のエントリーで!

*1:婦人科の薬を4種類から1種類にしたら見事にメンタルが揺らぎまくって大変だったというエピソードが生まれました。

*2:こちらに関しては次のエントリーで理由を書こうと思っているのでお待ちくださると幸いです。