Ordinary coterie writing

ただの文字書きによるひとりごとのくりかえし

2024年5月終わったので創作方面の反省をしてみた

 こんにちは、皆様いかがお過ごしでしょうか。GWとか文学フリマとかあったりする中、天候がすごいことになりましたがいかがお過ごしでしょうか。私は鬼門の時期ことGWから梅雨に突入しかけて色々出てしまっていましたが、ようやく戻りつつあってホッとしています。いやぁ、本当に女性の体調って怖い物ですね。

 そして今回のエントリーですが、タイトル通り2024年5月が無事終わったので、創作や日々の生活における反省を記せたらと思います。例の如く良かった点と悪かった点を挙げ、5月以降の課題を記せたらと思います。それでは、まずは良かった点についてからいってみましょう。

今月の良かった点

 ということでまずは今月の良かった点についてです。良かったと思ったことは下記2点です。

  1. 文学フリマを無事終えられた
  2. 無配の電子書籍の通販方法の理想形を見つけられた

 完了したことと未来に関することが挙がっていますね。一体どういうことなのかお話ししたいと思います。

1、文学フリマを無事終えられた

 まず1点目は文学フリマを無事終えられたことです。こちらは長年の活動の中でも初めてのことだったので、本当に終えられて良かったなと思ったトピックです。

 まず、昨年11月に友人のスペースでお手伝いとして出たときに「あ、出てみよう」となってそのまま勢いのままに申し込んで以来ずっと原稿に向き合っていました。そこから転職してから生活の変化がある中、いろいろとあって「あ、このスタイルだとあかんのでは……」となったりしていました。正直出すまで大丈夫かな、と不安になったり心身ともにいろいろな変化が出て戸惑ったりしていました。

 そんな中「当日はこれで大丈夫かな」とか、「どなたかいらっしゃってくれるかな」とかいろいろと思うことがありましたが、無事に終えることができました。いろいろと課題が出はしましたが、次に繋げられたらと思います。

2、無配の電子書籍の通販方法の理想形を見つけられた

 2点目は無配の電子書籍の通販方法の理想形を見つけられたことです。こちらは1と連動している且つ、「このスタイルだといろいろと遊べるんじゃないかな?」と思えたトピックになります。

 実は転職をきっかけにいろいろと「同人誌を出す」という行為そのものに対していろいろと考える機会がありました。そうしていろいろなニュースを見て「あれ、これもしかして今青色とか白色とか関係なくこれから危険なんじゃないかな?」とか、「今ものを減らしていることを考えたら同人誌じゃなくて電子書籍の方が良いんじゃないかな」となっていました。

 そしていろいろと考えた結果、「自分で作った電子書籍を見ることができるQRコードを記したポストカード」を配布すれば良いんじゃないか? となり試してみました。そうしたらこれが本当に良かったですし、「紙媒体のハードルが下げられるんじゃないかな」となれたと意味で良かったなと思います*1

今月の悪かった点

 次は今月の悪かった点についてです。これはちょっと直さないといけないかもしれない、と思ったのは下記2点です。

  1. 広報としての知見不足が分かった
  2. メンタルがぐらついて人に迷惑をかけてしまった

 お前ほんとにさぁ〜! みたいなのがちらほらありますね。こちらも例の如く1つずついってみましょう。

1、広報としての知見不足が分かった

 まず1点目は広報としての知見不足が分かったことです。こちらはずーっとそうなんだろうなぁと思っていたことが今回改めて露見されたトピックだったのでピックアップしました。

 今回初めて文学フリマに出たのですが、改めてあのイベントはに出るためには広報としての知見が非常に大切だと思いました。なぜなら自分は初めて出る、しかも今回かなり特殊な発行スタイル、ならば宣伝をしなければならないのに今回そこまでできていなかったからです。

 何故出来なかったのかは時間がなかったことも勿論ですが、何よりも広報としての知見が一切なかったことが大きかったのだと思います。今回の文学フリマそういったことを学べる本を手に取れたので、そういったそのやり方を取り入れていこうと思います。

2、メンタルがぐらついて人に迷惑をかけてしまった

 2点目はメンタルがぐらついて人に迷惑をかけてしまったことです。こちらは今回本当に実害が出てしまったといいますか、漢方薬の大切さの改めて学んだトピックになります。

 こちらですが、実は5月の頭くらいに4種類服用していた薬を1種類だけにし、様子見していました。最初こそ体調が良かったのですが、日が経つにつれて段々苛立ちがとんでもないことになり、オンオフでかなり多くの人に迷惑をかけてしまうということが起きてしまいました。本当にこれは反省せねばなりません。

 そこからどうしてそうなったのか、自分の身体的にこれはないとダメなのでは? となる薬はどれなのかを見直しました。そして1種類だけ戻そうと決め、2種類服用する形に戻しました。そうしたら見事に心身ともに体調が戻ったので、「私は生きるためにこれが必要だし、改めてカットしてはいけない」となり、引き続き注視していこうと思います。

今後の課題

 ということで今回の良かった点、悪かった点を踏まえ、今後の原稿に向けての課題を挙げていこうと思います。今回課題にしなければと思った点は3点あります。

  1. 仕事と原稿の時間を見直す
  2. メンタル安定方法(5~6月)を定める
  3. 先の原稿計画を組み立てながら勉強をする

 振り返りだったり決め直しだったりという感じです。ということでこの課題を挙げた理由を記していこうと思います。

1、仕事と原稿の時間を見直す

 まず1点目は時間の管理法を見直すことです。こちらは1ヶ月実際働いてみて「あ、改めて決め直さないとな」と思いピックアップしました。

 日常ブログの方にチラッと書いたと思いますが、今月からジムトレ以外・ホルモンバランスの月次処理直前の期間は8-17時勤務、ジムトレの日は9-18時勤務という運用をテストという形でスタートしました。このように通勤時間を調整したことで体調はかなり良い感じだったのですが、職場での原稿時間が減ってしまっていたんですね。そのためここから一度見直す必要があるとなりました。

 現状では創作関係はお昼休みと帰宅してからの時間、日常ブログは帰りの電車内で書き終えて家でUPするというイメージができています。後者の日常ブログは出来ているので、あとは創作関係の時間を定められたらと思います。

2、メンタル安定方法(5~6月)を定める

 2点目はメンタル安定方法(5~6月)を定めることです。こちらは今年のホルモンバランスの乱れによる症状が強烈に出たことで「あ、これやらないとまずいなぁ」となり、ここでピックアップしました。

 まずこちらに関しての答えとして分かっていることは婦人科の薬は2種類飲み続けることと食事はしっかりと食べたら動く・動いたら食べるを心がける、そして睡眠と筋トレを怠らないという点です。あと見直せるポイントとしては何かなぁと考えたのですが、やはり気晴らしをどうするか、という点となっています。

 今までだったら食事で気晴らしをしていたのだけれど、食べられるものがだいぶ減ってしまったので、違うものを探す必要があるんですよね。とりあえず新たな沼にハマらないよう「私は貯金ファーストなんだぞ!?」となりつつ良い気晴らし方法を探せたらと思います。

3、先の原稿計画を組み立てながら勉強をする

 3点目は先の原稿計画を組み立てながら勉強をすることです。こちらは「あ、改めて勉強しないとダメだな」となったことが多々あったために今回先々の課題として挙げさせて頂きました。

 まず文学フリマにおいては広報の知識が圧倒的に足りていなかったなということを思い知らされたことは書いたと思います。そこに加えて本業のお仕事のことでも勉強が必要だなぁとなることがあったのですが、それへのトドメとして人生のメンターこと湊きよひろさんから「これから5年は勉強だよ⭐︎」というアドバイスをいただいちゃったんですよね。

 ということでこれからは原稿計画の際に「勉強時間」というカテゴリーを再び作る必要があるとなっています。思えば昨年も資格の勉強とか転職活動で全く同じことをしていたので、それをフル出社という環境でどうやっていこうか、と考えていけたらと思います。

終わりに

 と言うことで今回は2024年5月反省エントリーをお送りしました。今回はまた新たな観点で新しい課題が見えてきたので、少しずつ改善できたらなと思います。感想やご連絡などは各種SNS、もしくはメールフォームがありますので、いずれから送って頂けると。あと電子書籍の通販もやっています。

多分一番呟いているThreads

www.threads.net

2週間に1回更新メルマガ(PFC管理や体感レベルの変化をお送りしています)

5ashuarfn.substack.com

記録やたまに呟くMastodon

fedibird.com

ゆるーく更新のお知らせや飯テロしているX (旧Twitter)

twitter.com

ただひたすら美味しいものを投稿しているBluesky

bsky.app

メールフォーム

docs.google.com

ちゃっかりやっている電子書籍の通販

pictspace.net

 では、今回はこの辺で。次は今回の発行スタイルこと電子書籍にした経緯を挙げられたらと思います。ではまた次のエントリーで。

*1:こちらは次のエントリーで詳細を書きます。